2008/09/26

Dr.DAC2+OPA627BP


先代の「Dr.DAC」はオペアンプをバーブラウンの「OPA627BP」に換装した。解像度とスピード感の向上には満足していたが、やや高音域が耳に刺さる感じだった。その後、モデルチェンジした「Dr.DAC2」をノーマル状態のまま使用してきたが、いよいよOPA627BP化することにした。前回はオペアンプとBrownDogの変換基盤を入手し自分で半田付けしたが、今回は加工品をヤフオクで入手し、ヘッドフォンアンプ部のみ換装した。

結果は微妙なところ。もともと音質もそれなりに良かったため、わずかにニュアンスが変わる感じだ。エージングはまだまだだが、「より空気感が鮮明に再現された」感じがある。

LPFとI/Vについて、OPA2604APに換装しようか悩んでいるところだが、「発熱が凄い」という報告もあるようだ。