2008/03/01

イヤホンケーブルの長さと気の短さ

SHUREのイヤホンがお気に入りだ。ずっとE4を使っているが、とても素直な音で良い。聴き疲れせず、しかも遮音性が高く、電車の中で大きな威力を発揮する。ただ、ケーブルの取り回しに難がある。太いケーブルをケーブルワインダーに巻き付けているが、かさばる感じは否めない。

思えばいろいろなイヤホンを使ってきた。国産に多いのがドンシャリ型のイヤホン。こうした装飾された音もたまにはいいけれど、すぐに違和感につながってしまう。高音が耳に刺さり、ゴボゴボとした低音がボーカルをかき消す。結果、音量を上げてしまい、音漏れにつながる。もちろん耳にも悪い。

今回購入したのは「SE110」で、SHUREの入門モデルだ。ケーブルが45cmと極端に短い。延長ケーブルも付属しているがちょいと長い。そこで30cmのVictorの延長ケーブルを買ってきた。これで長さは可もなく不可もなくといったところ。胸ポケットにプレーヤーを入れるなら、10cmくらいでもいいかも知れない。(売っていないかも知れないが)

エージング前だが、音質はややぼけている。高域もあまり出ていない。音は非常に柔らかく、聴き疲れしない音。SHUREらしい音質だ。遮音性も申し分なく、音漏れは「皆無」といってもいいだろう。ハイスペックではないが、満足度は高い。

ケーブルワインダーは各種出ているが、どれも満足いかない。材料買ってきて自作しようか検討中だ。