2008/03/15

空気を読めない痛い人

とあるスタッフの話。会議中でも何でも、思いつきをすぐ言葉に出す。熟考は無く、結果、流れが寸断され先に進まない。全体のベクトルとは無関係に斜め後ろ方向にピンを打ち込む感じ。まさに空気を読めない人間だ。

当然ながら、仕事は停滞する。与えられた業務が遂行できない。本人なりの正当な理由(言い訳)を見つけて過剰に反応する。ディテールにだけこだわって本筋を見ない。要するにグダグダなのだ。こうなると仕事も与えられない。一人孤立した形となる。いくら読めない空気であっても、こうなると本人も悟る。自分で自分の首を絞めているのだが、自己正当化の動きはきちんと働く。

自己防衛に入った人間は他との接触を拒む。傷つきたくないからだ。こうなると手に負えない。殻にこもった人間を外から出すことは難しい。