2007/09/16

DR.DAC2


以前に購入し、音楽を聴くときには愛用していた「DR.DAC」がバージョンアップし、USBオーディオ対応として生まれ変わった。以前は、PCからUSBオーディオの光出力→DR.DACと一手間あったのだが、これでダイレクトに接続できることになる。その他、高品位なパーツが採用され、音質も向上した、そうだ。しばらくは見送っていたが、気になって遂に購入した。値段も上がっている。

デザイン的に大きな変更は無い、細かいところで変更点があるが、前作を踏襲している。前作同様オペアンプの交換が保証内で可、という点も変わらず、好みに応じてチップを変更できる。前作「DR.DAC」はバーブラウンの「OPA627BP×4」に換装したが、今回はしばらくノーマル状態で聴いてみることにする。

エージング前の評価だが、全体的に良く出ている感じ。ハッとするような音質ではないが、聞き疲れはしない。とはいえ、これからまだまだ音質は変わってくるだろう。あくまで参考程度に。

一番の収穫だったのは、ブラウザでウェブページ閲覧(ページ切り替え)の度にプチプチとノイズが入っていたのだが、これが消えた。負荷も軽減された、ということか。