2007/06/14

除湿乾燥

マンションの外壁工事に伴い、ベランダが封鎖されている。洗濯物は残念ながら室内に干さねばならず、気になるのは匂いだ。室内干しの生乾き臭の原因は雑菌というが、出来る限り短時間でサッと乾かして雑菌の繁殖を抑えたい。洗剤も部屋干し用に変え、柔軟剤も抗菌コートタイプに変えた。これで大分解消されるのだが、部屋の湿度は上昇してムシムシしてくる。

もう一つ、台所が暑い。調理中はかなり過酷だ。そもそも面しているダイニングにエアコンを設置できず、その隣の部屋からサーキュレーターで空気を送っている。それが台所には届かない。

というわけで、シャープの「コンビニクーラー」を検討。トータルでは室温が上がるというが、スポットでも冷風が届くだけで充分。除菌イオン搭載で洗濯物の乾燥にもバッチリだ。梅雨のシーズンは工事も続くので、たとえ晴れていても部屋干しなのだ。

梅雨入りが発表された6/14、仕事帰りにクルマでヨドバシカメラ川崎まで出掛ける。購入検討のCV-U100Cは、49,800円。Amazonでは、33,800円だからべらぼうに高い。気分的には買う気満々だから、買わないわけには行かない。そのために仕事も早く片付けてきたのだ。店員に「高い」と伝えた上、「Amazon価格」を伝えると、「Amazonさんの価格は無理です」と言われた。何とか価格交渉に持ち込んだが、大して安くはならず断念。その足でビックカメラに向かう。閉店間際の店内に駆け込み、価格を見ると42,800円、もちろんポイント還元付きだ。この数字を持ってヨドバシカメラに戻れば安くなったのだろうが、タイムリミットが近い。ここで諦め購入。ポイントは3,424円付いた。しかし、Amazon恐るべし。

本体は大変重い。持ってみてビックリした。翌日には背中を痛めてしまったぐらいだ。雨の中、傘を差しながら駐車場から自室へ運ぶ。さっそく設置して電源オン、ぐんぐんと湿気を吸い取っているようだ。タンクには順調に水が貯まりだした。これは期待が持てる。スポット冷風もそれなりに使えそうだ。あとは洗濯物への効果だ。これは次回洗濯時に判明するだろう。