2007/03/25

散髪道具

突然だが、私は散髪を自分でやる。大抵は風呂場で素っ裸になって、専用のバリカンとハサミで仕上げるのだが、この専用のバリカンというのが、セイコーエスヤードのセルフヘアカッター「HT200」で既に生産終了品となっている。バリカンの歯が側面についていて、自分でカットしやすい構造となっているのが特徴だ。下位モデルの「HT100」はまだ生産されているようだが、水洗い可・不可が大きな違いだ。風呂場で使用することを考えると、水洗い可の方がいい。

というわけで、在庫を探し、とりあえず一台確保しておくことにした。型番で検索してヒットしたのはヨドバシカメラのショッピングサイト。在庫状況は「取り寄せ」だったが、このサイトは実際に商品の置いてある店舗のリストが出せる。それを見てみると、近くでは横浜か上大岡、秋葉原に在庫があることが分かった。横浜のヨドバシカメラへ向かいに陳列されている商品を発見。あと2台だった。

もう一つ、セルフヘアカット向けの商品としては、ナショナルからも発売されている。現行品は「ER326P-H」と「ER327P-H」の2製品で、前者は10~40mmの長さ、後者は5~25mmの長さで調整できる。私は前者を使っているが、側面から頭頂部にかけての手入れに便利だ。側面は前述のHT200を使用している。細かいところはハサミで修正し、終了なのだが、時には多少の失敗もする(やりすぎる)が、慣れれば床屋へ行くのと変わりない程度になる。メリットは? と訪ねられると厳しいが、自分の思った長さに切れること、あとはいつでも散髪可といったところかな。もちろん、散髪代が浮くことも。