2006/02/06

雪、再来。

会社を出て、電車でうとうととして起きた頃には雪化粧された町並みが広がった。「長いトンネルを抜けると雪国であった。」by川端康成な心境だ。大粒の雪がはらはらと舞い落ちてくる。途中乗換の駅でホームに降り立つと、突き刺すような寒さがコートをすり抜けてきた。次の電車に乗り込み、防寒対策。しかし、雪化粧は徐々に薄くなっていく。ん、もう雨か。それでも寒いことに変わりはない。完全防寒仕様で最寄り駅を降りて歩く。所々溶けかかった雪の地帯があって、こういう所は滑りやすい。足の裏全体で着地するよう慎重にそろそろと家まで歩く。