2006/01/14

アジアン・テイスト

久しぶりに100円ショップのダイソーへ出掛けた。気分転換にインテリア格安コーディネートをするためだ。いろいろな商品があって、なかなか楽しい。加工された「素材」が結構揃っている。そこで観葉植物(ツタ)のイミテーションとアジアンな木製の簾(すだれ)、額縁を購入する。総額500円。
家に帰ってからツタもどきを切って、簾に巻き付ける。センスが問われるところだが、自然に見えるように配置する。これを縦・横の2種類を制作して壁に掛ける。その間には、象形文字のようなデザインが施されたアジアンっぽい額縁を飾ってみる。まあまあ、いい感じだ。さらに味気ないメタルラックにも「ツタもどき」を這わせる。ああ、これは微妙に合わない。全体的に小規模なものゆえ、大胆にどーんとやらないとアジアンにはならないのかな。壁全面に麻布、もしくは細い竹の簾、テーマが揃わないと単なる万国博覧会となってしまう。でも、テレビのお部屋改造ようにあそこまで本気にする気は無いんだよな。