2005/07/23

au W31Tに機種変更

ちょうど一年前、携帯電話をVodafoneからauへと乗り換えた。それ以来、CDMA 1Xの端末を使い続けてきたのだが、この度、WINに機種変更を思い立った。選んだのは東芝製の「W31T」で、厚さは20mmと大変薄く「PCサイトビューアー」を搭載していることが大きな特徴だ。PCを立ち上げるまでもなく、サイトを観ることができるというのは大きな魅力だ。
土曜の午後、近所のauショップへとクルマを走らせる。入り口には大きなテディベアが置かれている。auは「シカ」が公式キャラクター※だったのでは? と疑問を抱きつつも、店内はそれなりに混んでいたのでしばらく待つ。auでの機種変更は初めてなので印鑑とか、いろいろ用意していたのだが、結局のところ身分証明証(免許)と署名だけで済んだ。所要時間は15分くらいだ。
さて、色は「ソルティーホワイト」を選択。汚れが目立ちそうだが気にしないことにした。一方、気になるのはキーのタッチで、かなり柔らかめだ。全体的に大きなキーを採用しているので、感触さえ慣れてしまえば打ちにくいということは無い。また、手に持ったときの薄さが際立つ。表面はマットな質感なのでスルリと落ちてしまいそうだ。画面については、アイコンのデザインが微妙に良くない点とアンチエイリアスのかかったフォントに若干違和感を覚えるぐらい。気になるPCサイトビューアーやEZwebも高速でサクサクと動く。PCサイトビューワーについては再現性も高く、画面が狭いことを除けば概ね満足だ。ただし、236万画素のデジタルカメラについては、ザラザラとしたノイズがあって画質は良くない。
※「auシカ」は沖縄地域限定だったらしい。