2004/10/01

砂の城。

上司が異動となった。動揺はない。最も自分が冷酷だと思える瞬間だ。その言葉が告げられた瞬間も、冷静に他のスタッフの表情を伺った。それでも複雑な心境だ。何度か喧嘩したりもしたが、こんな自分をよく面倒を見てくれたと思う。これから新たな上司の旗を立て、そして体制も新たに再構築する。しかし、実質を作るのは我々だ。